選手規則

選手規則

選手規則

1.目標・目的を持て
実現したい目標・目的を設定し、その達成のために何をすべきかを常に考え行動すること。
「ただ頑張るだけではだめ、野球で人生に勝つこと。」
2.礼儀正しくなれ(思いやりと感謝、挨拶を)
野球に限らず全てのスポーツはマナーから始まる。野球は君たち、少年がするものであるが、野球をするためには監督をはじめ、父母の方々の協力がなくてはできない。
関係者には感謝の気持ちで接するようにしよう。
練習中、監督、コーチより注意を受ける態度、球場の出入りの際のあいさつ、父母に対するあいさつ、その他先輩・後輩のけじめも大切にすること。
3.努力家であれ(全力を尽くす、あきらめない)
野球は「小さなプレーの積み重ね」である。小さななんでもないプレーを、一つ一つ正確に積み重ねなければ「一勝」に結びつかない。
その一つ一つが努力である。
試合中、球をいかに打ち、いかに処理できるかは毎日の努力によってきまる。
練習中、監督、コーチによって注意されたこと「ボールの受け方、投げ方、打ち方」等は頭によくたたき込んで、二度と同じ注意ををされないように復習し、努力しておくことが大切で、野球の基本である。
4.素直な人間になれ(楽しく!)
少年らしく明るい態度を忘れてはならない。
注意されて怒ったり、人の悪口を言ったり、暴言を吐くことは絶対に止め、人から好かれる人間になろう。
「お願いします。ありがとうございました。」が言える人になること。
5.練習はまじめにやれ(向上心を持ちつづける)
ふざけた行為はけがのもと。
言われたことは、まじめに聞き、まじめにやらなければいけない。
また、練習中はいつも気合を入れて、球が飛んできても処理できるよう大きな声を出して準備しておくこと。
人が注意されている時も、自分が注意されているとして、よく聞いておくこと。
6.練習の準備・後片付け
練習開始の準備(ネット・マシン・ボール・ベースなど)後片付け、グランドの整備は選手全員で行うこと。
7.頭髪
長髪は認めない。
「丸刈りまたはスポーツ刈り(前髪3cm以内)とする」
8.道具を大切に
上記規則に違反した選手は監督の判断により退部を申し渡す。

予定新着

登録されている記事はございません。

4月 2020
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP